ダイハードな政党・ジョンマクレーンの会

 党首 ダニエルよしもと

 

地域政党:福井県をよくする会に続き、私たちが抱える問題は福井県を越えて数多く存在します。日本国という国の発展はおろか、安全すら脅かされている状況です。憲法第9条と日米同盟があるから日本は安全だ、という戦後蔓延った、いわゆる都市伝説が未だに幅を利かしている状況です。中国はわが国固有の領土である尖閣諸島に攻め込むべく日々漁船を送り込んでおり、北朝鮮は核実験やミサイル発射等、日本の安全保障政策の見直しは待ったなしの状況です。特に中国に至っては日本近海のみならず、南シナ海、アジア・中東・アフリカ地域、太平洋地域を自国の影響下に置こうを画策し、欧州や米加英豪NZといった欧米諸国の政治・経済システムに強く浸透してしまっている状況です。同時に、世界の多くの地域で目を覆わんばかりの人権弾圧が今も行われており、民主国家・人道国家である日本が率先して抑圧されている人々を救うために行動を起こすべきなのですが、残念ながらそのような視点に立てる政治家はまだ数えるほどなのです。言うまでもなく、今最も人権弾圧が目立つ国は中国であります。

 

このような内憂外患の状況に対し、現在の既存政党は何をやっているのかよく分からない、小さな細かいことばかり国会で論じ、本当に必要なことを論議していないのではないか、と感じざるを得ません。もちろん現在の9つある国政政党の中には、内政については非常に改革志向の新興政党が誕生してきていますが、グローバルな視点で物事を語れる政治家がなかなか見当たらないのが現状です。政権与党の自民党も、非常に優秀な人材が少なからずいますが、長年与党であったが故に既得権益や利権に自ら絡んでしまい改革をなかなか前に進められない状況です。こんな中野党が自民党に対する有権者への選択肢の1つとして対案をしっかり出してくれれば良いのですが、野党第1党の立憲民主党の外交・安全保障政策は旧態依然とした憲法9条を基調とする見せかけの平和主義を推進しており、これでは政権を任そうという気にはなれません。

 

そうなると、一体自分たちは何ができるのか、という話になってきますが、1地方議員、地方政党代表の私が国政・外交安全保障についても語れる場を必要としてきております。政治団体は誰でも作れるが故に、ひとつ私も天下国家、地球的規模の諸課題に対する解決策を提示する組織を結成しようと思った次第です。私1人の力では改革を進めることはできませんが、既存の国政政党が語れないような政治グループを創ろうと考えました。

 

党名は「ダイハードな政党 ジョン・マクレーンの会」にしました。ダイハードとは映画「Die Hard」でおなじみのジョン・マクレーン警部補が1人で巨大なテロリスト集団に立ち向かうストーリーです。マクレーン警部補にはほんの僅かな仲間しかいませんが、彼独特のユーモアと知恵で難局を乗り越え、最後にはテロリスト集団を壊滅に追い込んでいきます。彼の機転や行動力こそ、現代の日本人が最も必要としているものではないかと考え、このような党名にしました。

 

政策

 

外交・安全保障

● 憲法第9条を改正し、普通の防衛政策が立てられる国へ

● 敵基地攻撃能力の容認

● 尖閣諸島を守るための防衛政策の即時遂行

● 日本版諜報機関「科学特捜隊(仮称)」を創設

● 日本版特殊部隊「ウルトラ警備隊(仮称)」を創設

● 世界の人権弾圧に対して厳しい姿勢で臨み、各国の民主化を推進する

 

内政

● 道州制を含めた統治機構改革