運営者プロフィール

ダニエル・ヨシモト(旧姓:石田益資)

ダニエルよしもとは正真正銘の日本国民、日本国籍所持者です(笑)
ダニエルよしもとは正真正銘の日本国民、日本国籍所持者です(笑)

大野市議会議員、英語・数学講師、政治評論家・選挙アナリスト

1980年 福井県小浜市に生まれる

1992年 大野市立有終西小学校卒業

1995年 大野市立開成中学校卒業

1998年(18歳) 福井県立大野高等学校卒業

1999年(19歳)愛知学院大学 中退

2000年(20歳)イギリス留学

2003年(23歳)英国University of Essex 国際関係学科 卒業 学士号取得

2004年(24歳)英国University of Warwick 国際関係学科 卒業 修士号取得

2004年~2006年(24歳~26歳)東京で海外営業の仕事に携わるも、営業に向いていなかったので退職

2006年~2008年(26歳~28歳)外務省外郭団体フォーリン・プレスセンター勤務。外務省記事資料の翻訳を手がける。
2008年~2009年(28歳~29歳)台湾(中華民国)国家奨学金を得て、国立高雄師範大学に語学留学

2009年~2014年(29歳~34歳)台湾で日本語講師をしたり、貿易会社で働いたりする。台湾・文藻外語学院大学非常勤講師としても勤務

2014年12月~(34歳~)福井県に帰郷し、フリースクールを運営し始める

2016年3月(36歳)アメリカ人の妻と結婚
2017年2月(37歳)英検1級合格

2017年4月(37歳)武蔵野大学 通信教育課程 教育学部児童教育学科(中高英語)入学
2017年11月(37歳)数学検定2級合格
2018年8月(38歳)大野市立開成中学校で教育支援員として勤務(外国人師弟のための日本語指導、及び通訳を担当)

2018年9月(38歳)大野市で Magnolia English Center を開校する。

2019年2月(38歳)大野市議会議員に初当選。

2019年3月(39歳)武蔵野大学卒業

2019年4月(39歳)妻が第1子出産
2019年11月(39歳)中学校教員免許1種(英語)取得
2020年2月(39歳)防災士資格取得
2020年4月(40歳)福井県をよくする会 会長に就任

英検1級 合格証書

 

英国ESSEX大学(左)、WARWICK大学院(右) 卒業証書

英国大学・大学院の成績証明書


英国大学・大学院の卒業証明書


英国式成績表示を米国・日本式GPA換算したもの

学士号GPA3.22、修士号GPA3.14:特別優秀とは言えないまでも、B判定が多いので、優良可のうち「良」といったところか。
学士号GPA3.22、修士号GPA3.14:特別優秀とは言えないまでも、B判定が多いので、優良可のうち「良」といったところか。

数学検定合格証

武蔵野大学  教育学部  卒業証書

間違った常識に惑わされないようにするために、まず自らの知を鍛えよう!


● 青山繁晴(自民党参議院議員)「道すがらエッセイ/On the Road
国政・外交ならこの人。長きにわたってタブーとされてきた拉致問題に対する追及は鋭く、中韓北への批判も厭わない。理想的な政治指導者の1人と思っている。台湾に住んでいた頃、青山氏の番組をオンラインで見るのがとても楽しみだった。


 橋下徹(前大阪市長)「橋下徹メルマガ」
地方自治を知るにはこの人。ダニエル益資自身も購読しているメールマガジン。知事・市長を両方体験し、マスコミが垂れ流す表面的な報道に真っ向から異を唱える。地方自治を極めるにはまず橋下氏の文章に触れておきたい。

● 佐藤優(元外務省主任分析官)「現代ビジネス 佐藤優コーナー」他、著書多数
教養とインテリジェンス(諜報)ならこの人。自ら収監された経験もある。自らキリスト教徒であり、神学に関する造詣も深い。この人のお陰で自分の鈴木宗男氏と公明党に対しフェアに見れるようになり、ロシアの重要性に気づけた。

● 立花孝志(NHKから国民を守る党 党首) YouTube立花孝志チャンネル
選挙戦術ならこの人。奇抜かつ斬新な選挙スタイルで一躍有名になった立花孝志氏。選挙の常識を180度転換した人物で、現代の信長と言っていい。彼のアイデアは選挙を戦う自分にとって、大変参考になり、同時に勇気づけられる。

● 岸見一郎(哲学者、カウンセラー) 公式サイト

生き方と教育ならこの人。言わずと知れたアドラー心理学の大御所で、著書「嫌われる勇気」はあまりにも有名。人の行動には必ず目的がある…この人の特性は政治の世界で特に顕著に表れる。ダニエルよしもとを批判しようと思えば理由は何でも良いのだ(笑)

 

● 川口マーン恵美(ドイツ在住の作家) シュトゥットガルト通信
ドイツや北欧に関してエッセイを書き続けている女性作家。英米に関する評論家や専門家が多数を占める中、ドイツ人が何を考え、EUがどうなっているかを知るには、彼女の文章が一番わかりやすい。確か尖閣諸島にも上陸したことがある。

 

 上念司(経済評論家) YouTube上念司チャンネル「ニュースの虎側」

ケント・ギルバート氏や櫻井よしこ氏等の保守系論客と共に、外交、防衛、経済について語ることが多い。また最近はほぼ毎日YouTubeで軽快な語り口であらゆる時事問題に対する自分の見解を述べている。上念氏の「経済で読み解く日本史」を全巻シリーズで購入。

 

● 上杉隆(N国党幹事長、ジャーナリスト) YouTube上杉隆チャンネル

メディアの闇について語らせるならこの人。とにかく日本のメディアと広告代理店体制、特に電通支配に対して辛辣な批判を続ける。2016年の東京都知事選ではマスコミに完全無視されつつも、堂々の4位。仏教の僧侶でもある。