トランプさんを批判する前に、自分の地域の政治がちゃんとしているか吟味しよう

私たちは、生活を良くするために行動を起こす時が来ているかもしれません。

 

私たちは、インターネットやテレビで日本国内や世界の情報を得ます。その時だいたい私達は傍観者であって、仲のいい人たちとトランプの悪口を言ったり、小池さんや前原さんの失策(僕は必ずしもそう思っていませんが)を批判したりして楽しいひと時(?)を過ごします。

確かに今のアメリカとか見ていると、ハチャメチャなことが起こったりしていて対岸の火事としては面白いです。私も毎日アメリカのニュースを見ているのでわかります。しかし、私達の身の回りの政治はどうでしょう。福井県の地方政治はどうなっているでしょう?

私達の生活は良くなっているでしょうか?

有給休暇はちゃんと取れているでしょうか?

学校は子どもたちにとって居心地の良い学び場となっているでしょうか?

地域経済を良くするために、自治体は適切な政策を打ち出しているでしょうか?

 

アメリカ国内のゴタゴタやトランプ大統領の発言を論評する…のも結構面白いですが、私達の身の回りの政治や社会問題もよく観察してみましょう。私達の生活は、幸せ日本一の福井県は、もっと良くなる余地があるはずです。日頃受け身でテレビを見ながら若い人に「公務員になりなさい」と説教タレるのは容易いです。公務員になることは決して悪くないですが、そんなことを言う大人ばかりでは社会はつまらなくなります。私達はもっとクリエイティブ(創造的)に仕事をしていくことも今の福井県には必要です。

新約聖書の有名な言葉に、イエス・キリストが「他人の目の中の塵を取り除く前に、自分の目の中の梁を取り除きなさい」という言葉があります(マタイ伝7章)。私たちはアメリカ政治の混乱を指差す前に、自分の地域がちゃんとしているか吟味する必要があると思います。