池田町の町長選挙4回連続無投票、って何だよ!

福井県内の17自治体の市長選・町長選・議会選挙のデータを詳しく示した福井県のホームページがあります。

これがまた意外と興味深い。

 

池田町の町長選挙4回連続無投票、小浜市の市長選3回連続無投票、って何だよ!と言いたくなります。

結構、県内の市町で無投票フィーバーが続出しているようで、とがっかりしました。きっとあまりなり手がいないのでしょう。まあ、議員に対してあまりいいイメージを持たれていないのは確かにあります。それと、自分の名前を街頭で連呼するなんて、相当の信念を持った人か、目立ちたがり屋しかできないでしょう。都会にはそんな人も大勢いるでしょうが、田舎では普通恥ずかしいですよね。

  

一度、福井県民の政治に対する関心が高いかどうか、について知人と話をしたことがあります。

僕は無投票が続く県内の選挙を知っているので「高くないでしょう」と答えたら、その知人は「福井県民の政治に対する関心が低いだなんて、ちゃんと調べてからものを言ってください」みたいなことを言われました。

 

で、自分でちょっと調べてみました。

 

こうやってデータで示されると、やはり関心はあまり高くないんでしょうね。

そういえば、なんかこう、面白そうな争点というのが、地方政治にないんです。

「郵政民営化に賛成か、反対か」

 

「憲法改正に賛成か、反対か」みたいな。

 

「私は良い候補者です。皆さん私に投票してください」を連呼する候補者ばかりだと確かに誰でもいい、って感じになります。

 

ということで、面白そうな争点を候補者が作ることで、地方政治が活性化するのではないか、と分析しています。選挙を「夏休みの宿題廃止に賛成か、反対か」という争点を作り出すことで、政治がそれなりに盛り上がるのではないか、とこのデータを見ながら思いました。