夏休みの宿題と共に必要ないもの、それは「登校日」

登校日、何のためにあるのか。

 

たぶんみんな深く考えたことはないでしょう。夏休みの宿題がある程度終わっているとか、クラスメートと久しぶりに会うとか、まあ少しは意義はあるのでしょうが、それも人それぞれです。休み中に学校へ行きたくない、という子もいるでしょうから、その子たちも巻き添えにする必要もないです。友達に会いたければ、自分で会いに行ったり、休み中も勉強したかったら本屋でワークブックでも買ってくればよいのです。まだまだ、学校がすることに疑問を持たない人が多いので、ダラダラとその習慣が続いています。

私達日本人は、長期休暇の意義を考え直す時に来ています。学校の先生は忙しく、休むに休めません。しかし、そのワーカ・ホリック文化を子どもたちに押し付けてはいけません。私は、休みを軽視する学校文化の中で育ったことをひどく残念に思います。そして、その歪が今も続く過労死文化につながっています。その文化の軛から私が逃れることができたのも、妻を始めとする多くの海外の友人のおかげです。

登校日は無用です。夏休みは学校は必要な人が行けば良いです。勉強が遅れている子が補習という形で、勉強しに行くという形なら良いでしょうが、全員登校させる必要はありません。