無投票では町が活性化しない

 

福井県は県内の選挙の半数が無投票です。また選挙の多くが強力な現職と、準備をろくにしていない泡沫候補との戦いになっています。これでは盛り上がりに欠けます。そもそも、そんな町が活性化なんてするでしょうか。「幸せ日本一」福井県がなんとなく盛り上がりムードに欠けるのは、政治がツマラナイからです。

 

選挙で新人の強い候補者が現れれば、現職も緊張感を出してきます。つられて住民も政治に関心を持ち、投票率が上がる。逆に言えば、投票率を上げたいなら、良い候補者を発掘すればよいのです。

 

自分たちの町を良くしていくなら、まず議会を活性化していかなければならないと思います。

議員も首長選挙へ積極的にちゃんと準備して打って出る。そんな議員さんがたくさん出てくれば、福井県は大きく変わるでしょう。首長選挙に負けても大丈夫。ある程度首長選挙で票が入るのであれば、議会選挙に出れば必ず当選するでしょう。そこで住民のためにしっかり働けばよいのです。