市長の退職金は3期12年で5400万

以前、市長の給与について書いたかな、と思ったのですが、今回は退職金について。

大野市長が6月で退任することで、退職金についても市役所に電話して調べてみました。

 

参照ページ 大野市役所ホームページより

 

大野市長の給与は月843,000 ✕ 0.45(定率) ✕ 48ヶ月(1期4年) =1820万円
ですから、3期務めた市長は5400万か・・・むむむ、これは凄い。これって全部税金ですよね。

どれだけの大野市民が納得してるんだろうか。

 

政治家の給料を安くすればするほど良い、とは思いません。

金持ちしか政治家として食っていけないとなったら、元も子もありません。

町議会・村議会議員の給料が低すぎてなり手がいない、という問題もあります。

しかしこの、5400万というのは、どうなんでしょう。(他人の収入とはいえ)議会で問題提起して議論してみる価値はあります。

大阪府、大阪市、名古屋市とか退職金を廃止したようです。
自治体の政治家の給料も、ちゃんと住民が納得できる額にしたほうがいいですよね。