脅して勉強させるのは間違い

中学3年生の家庭教師をすることが多いですが、生徒も親も試験や入試にビビりまくっています。

中3の先生って結構入試で「おまえら、一日4時間勉強せんと、高校受からんぞ」みたいなことをいうわけです。教育業界のブラック体質を、こうやって教室に持ち込んでいます。平日に家で4時間も勉強したら、生徒は睡眠不足になってしまいます。

 

でも、今少子化なので、高校に入れない子はほとんどいません。いても、アルファベットを書けない子ぐらいの生徒です。要は、教師は生徒をコントロールするために、わざとそういうことを言うわけです。今は不登校の中学生でも高校に進学して、元気に高校生活を送っている子もいます。(高校で不登校になる生徒もいます。)要は、勉強なんてどこの学校でもできるのです。

 

こうやって大人が脅して子供を勉強させるやり方は正しいのでしょうか。

生徒たちは勉強に対してネガティブな感情を持たないか私は非常に気がかりです。

事実、多くの中学・高校生が勉強は嫌いと言っています。勉強は本来楽しいものなのですが。

やはり今の教育に対する考え方が間違っているのでしょう。

今のやり方では生徒たちは自信喪失しやすい環境にいるので、「勇気づけ」が必要だと感じています。

周りにそんな大人がいない・・・これが今の教育の問題でしょう。

 

こんなことも政治が変えていければいいな、と思います。