ズバリ、夏休みの宿題は廃止すべきである

子どもたちは、夏休みは宿題から解放されるべきです。

読書や旅行、キャンプ、ボランティア、留学など普段できないことのためにに時間を使うべきでしょう。

 

また、夏休み中の登校日などは必要ありません。教員の職場環境はブラックで有名ですが、その環境を子どもたちにまで押し付けてはいけません。夏休みは学校に来る必要などないのです。

 

日本の学校は、夏休みにやたらと学校に来させようとします。クラブとか、登校日とか、体育祭の練習、文化祭の準備とかで夏休みが形骸化してしまっています。こんなブラックな教育文化を許しておいてはいけません。