「働き方改革」をするため政治家になる

読売新聞 財務省 長時間労働も限界

 

この記事に私達日本人の最大の問題点がよく現れています。

自分のプライベートの時間を大幅に削ってでも仕事しないといけない、そういった文化が職場に蔓延しています。省庁はその代表ですが、日本の職場はどこも多かれ少なかれそうではないでしょうか。

 

長期休暇を取ることはいけない ー

有給休暇を取ることは職場に皆に申し訳ない ー

 

これではいつまでたっても私達は幸せになれないです。大野市の職場は真っ先に「働き方改革」に着手し、子どもたちの夏休みも丸々40日(これでも世界的には短いですが)確保してあげたいと思います。当然、宿題などは一切しなくて良いのです。

 

そして、これを実現するために政治の世界に入っていきたいのです。