議会が条例を作る

議会の役割の一つに条例制定というものがある。大野市議会なら大野市の条例、いわゆる大野でのみ効力を生ずる「法律」を作ることができる。

 

そして地方議会ならではの面白い特徴として、有権者の50分の1の署名で、議会に条例制定の可否を議論させることができる(地方自治法第74条)。この住民が直接市政に参加できる制度は面白い。国政については署名によって国会議員に議論させることはできない。国民は国会議員にお願いできるだけだが、市民・県民は地方自治体に対して直接請求権をもっているのである。

 

今日、市外の方々と話をしていて、

「コンビニで成人向け雑誌を販売するのを禁止する条例」

「公衆浴場で子供が異性の浴場に入ることを禁ずる条例」

の是非について語り合った。署名を集めて議会に議論させる制度を用いれば、こんな条例も不可能ではないと思う。

 

政治の素人たちでも、こうやって市政に関与していくことによって、市政はもっと面白くなっていくはずだ。

 

今日までに撒いたチラシ数 740