【不登校生へのサポート】市民団体は頑張っているが

不登校生をサポートする団体や親の会は複数ある。会のメンバーは大人であれ子供であれ、学校に対する強い不信感を抱いている。憎しみを持っている人さえいる。福井県では福井市の街中を除いて、小中学校は選べない。公立学校に適応できないと、もう行く場所がない。フリースクールといってもあるのは福井市のみで、他の自治体にはほとんど存在しない。民間では、不登校生への支援はコストがかかり非常に難しいのだ。

 

また、このような会合で気がかりなのは、学校批判一辺倒に偏りがちになることである。

しかし、99%以上の生徒は学校に通っている以上、学校批判だけでは物事は良くならない。

 

やはり政治が動かなければ、学校は多くの子供たちにとって居心地の良い場所にはならないだろう。

また、政治が動けば小さな市町にも学校以外に学べる場所ができ、不登校生は無料で通うことができるのだ。

フリースクールは金がかかるので、裕福な家の師弟しか通うことができない。

 

記事のようなイベントにも地方議員が興味を示してくれると、もっと大きな変化が起こると思う。