選挙は楽しく

改革を志す政治家は、これまでの政治の常識を覆していかなければならない。そのひとつに、「選挙」がある。実は、多くの人が選挙に嫌々協力させられていることに気がついた。有力候補の選挙事務所には大勢の人がいて一見賑やかだが、その内実は無理やり協力させられている人たちで一杯のはずである。近所だから…職場の同僚だから…という理由で。

 

選挙は楽しくありたい。本当にその候補者を支持している人だけで選挙を行いたい、私はそう思う。でなければ、選挙事務所なんて家族と数人の友人でやればよい。無理やり人を駆り出す選挙戦など、人を疲弊させるだけだからだ。