【与那国町議会】議会の定数は奇数にすべき

大野市の議員定数は18。偶数である。実は偶数であることが問題になっている自治体がある。

日本の最西端の町、与那国町である。ここも議員が10人であり、そのことが今問題を引き起こしている。

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

マスコミ殺到、町民からも怒り 与那国議長選、きょう99回目で選出へ

2018年10月31日 08:00

 

与那国町議会では、与党議員が5,野党議員が5ということで勢力が拮抗しており、ここで誰が議長になるのかが問題になってくる。議長は投票権がないために与野党両陣営ともに議長候補を出したくないのだ。どちらかの陣営から議長を出すと投票で4VS5となってしまい負けてしまうのである。

 

議員定数が奇数であれば、賛否が同数になったときも議長決裁(地方自治法第116条第1項)で決着がつくのでこちらのほうが望ましい。大野市議会の定数18も見直すべきなのだろう。