大野市で英語特待生を育てよ

アスリートと同様に、大野市でしっかりと英語特待生を育てるべきだと思う。

今中学校で教育支援員として働いているが、英会話が上手になりそうなキャラはクラスで5分の1ぐらい。

英会話・英語は皆が上手にならないと思う。外国語の習得には、スポーツ同様適性というものがあるからだ。日本に来る外国人(中国系・韓国系を除く)も、日本語をマスターできる人は10人に1人だろう。私たち日本人も同じだ。皆が英語を話せるようにはならないし、なる必要もない。

 

というわけで今後の英語教育のあり方として、外国語習得に適性がありそうな小中学生を早期にピックアップし、英語の英才教育を大野市でやったらどうだろうか。大野市に私立学校はないので、市教委が率先してそういったプログラムを始めるべきだと思う。

 

各学校に特別支援プログラムというものがある。普通の教室で授業を受けるのが困難な子に対して別室で授業をしているのである。であれば、英語に関して才能がありそうな子に対しても「特待生プログラム」を作り英才教育を施してはどうだろうか。普通の教室で十把ひとからげにして教育するスタイルは今後変わっていくだろう。特に英語・外国語教育に関しては、英才教育はかなりの効果があると思っている。多くの小学生が中学校の教科書で英語を学んでいる昨今、英語の特待生制度は一考に価する。