【多選と無投票】民主主義を蝕む悪弊

福井県には多選と無投票がはびこり、今も住民から選ばれていない政治家が大勢いる。

上の写真は福井県選挙管理委員会のホームページから抜粋したもの。

 

無投票の文字が踊る。こんなんでいいんだろうか。また、福井県知事も5選を狙っているようで、お隣の石川県は同じ知事が7期もやっている。7期!? 28年!?  アメリカの大統領でも2期8年までなのに。ルーマニアのチャウシェスクは25年だった。大野市議会では8期~12期の議員が今もいるが、福井県内にもそんなに長くやっている議員はほとんどいない。

 

民主主義の手続きを経て選ばれているからと言って、多選が続くと民主政治が危うくならないか。議員はともかく、絶大な権力を持つ首長は2期8年までが限界だと思う。健全な野党が育たないと、首長の多選が各地で起きてしまう。