【学校の部活】全て自治体が運営するほうが良い

数年前大野市では学校の統廃合問題でもめた。少子化、校舎の老朽化、教育の効率化などの理由で、行政としても統廃合を進めたかったのだろう。しかし議会の反対(1票差!)で実現しなかった。

 

実は、学校そのものを統廃合するよりも、もっと大事なことがあった。

それは部活の統廃合、言い換えれば、学校の部活を大野市が運営することである。

地域のスポーツチーム(スポ小、スポ中、スポ高)をまず作るべきなのだ。

 

今ある中学校で働いているが、日本の学校の部活は問題が多すぎる。

教師の過重労働の最大要因の1つと言っていい。しかも、市内の中学校における部活の数もかなり少なくなった。少子化の進んだ今、部活は学校ではなく大野市が運営し、多様なクラブを用意し、アスリートを目指す生徒、部活を趣味程度に嗜みたい生徒両方を満足させるクラブ活動を展開すべきだ。教員もガッツリ部活を監督したい人(体罰はダメよ)と、早く帰宅したい人に分かれるはずだ。卓球をやったことない教員に、卓球部顧問を任す必要は全くないのである。

 

これは議会で徹底的に議論すべきテーマだと思う。