【立候補】自薦か他薦か

選挙に出る候補者には2種類ある。それは、他薦と自薦ー前者は地域、団体や政党に押されて出た人。後者は、自ら手を上げて出た人。

 

他薦の候補者は、結構組織票がしっかりしている傾向があり、そこそこの得票が期待できると思う。

これまでの候補者は結構こういう感じの人が多かった。前回の市長選の候補者2名もどちらかといえば、こちらよりだっただろうか。両者ともそこそこの得票数だった。

 

対して自薦の候補者は、自分が出たいという意思が先にあり、まわりは最初まじめに捉えていない。KY候補とか泡沫候補とか言われてまともに相手にされていない。だが、選挙が近づいてくると稀にサプライズ候補として人を驚かせることを言ったりしたりする。米国のトランプ大統領、日本の小泉元首相が良い例だ。

経済が好況のときは他薦の候補者でも市政は滞りなく回るだろう。しかし、政治・経済が共に低迷している場合「俺が、オレが」の人材も必要になる。実際、政治そのものを面白くする候補者は、やはり自薦の候補なのだろう。政策の内容はともあれ自薦の候補者には必ず誰も思いつかないやりたいことを持っている。時期が来るまで心に秘めているかもしれないが、何かやろうとしているはずだ。

 

さて、今回の市議選にはそんな候補は何人いるだろうか?