【市議選カウントダウン】舞台は大野全域!

福井新聞2月6日付朝刊に、大野市議選の地域別立候補者の内訳が書かれていた。

候補者1人あたりの有権者数を計算してみると…

 

市街地11,400人/9人候補者  候補者1人あたり有権者1266人
下庄 7200人/3候補者     候補者1人あたり有権者2400人

上庄 3200人/2候補者     候補者1人あたり有権者1600人

富田 2600人/2候補者     候補者1人あたり有権者1300人

阪谷 1200人/1候補者      候補者1人あたり有権者1200人

小山 1600人/1候補者      候補者1人あたり有権者1600人

乾川 840人/1候補者    候補者1人あたり有権者840人

五箇・和泉 500人/0候補者

というデータを自分で作ったので、下庄地区を自転車で回ってみた。

反応は予想通り!天気も良かったし、とても気持ちよかった。

 

そもそも市議選で選ばれる人たちというのは、地区の代表である前に、大野市全体の代表でもあるはず。

だから大野市全体を俯瞰して物事を考えるべきだと思う。舞台は大野市全域なのだ。