【選挙戦2日目】街頭演説

大野市議会議員選挙2日目。昨日と大きく変わったことは、街頭演説の回数を増やしたこと。

休日の大野市、VIOやスーパー以外になかなか人が集まる場所がない。よく総理大臣が秋葉原とかで演説してると何百、何千の聴衆が集まってきているが、1市議会議員候補の演説を聞いてくれる人はそれほど多くない。(全くいないわけではないですよ!)

 

住宅街は選挙カーで走りながら支援を訴え、スーパーやショッピングモールのような立ち止まりやすい場所では街頭演説を入れるようにした。また、車どおりが多そうな場所でも街頭演説を取り入れた。聴衆はいないが、車に乗っている人が演説している自分を見て手を振ってくれる。正直これにはかなり励まされる。

大野市内中に他の候補者の選挙カーが走っているが、街頭演説はあまり見かけない。

しかし演説のスキルも議員として非常に大切だと思っている。2月に外で長々と演説すると、貼るカイロが大量に必要になるが、それでも演説は結構面白い。今日は大阪の衆議院議員と坂井市議会議員が応援に駆けつけてくれた。彼らから演説のイロハを伝授してもらったのは非常にためになったと思う。

政党の大切さを実感した日になった。

 

そしてにしても、手を振りすぎて左肩が痛い。