【選挙Before-After】言うことがコロリと変わる

物質主義、言い換えれば「目に見えるものだけ信じること」だろうか。

 

選挙前、                    選挙後、

「お前は泡沫候補だから出ないほうがいい」  →「当選して良かったねぇ」

「選挙なんか止めとけやー」         →「当選して良かった」

「4年後に出たほうがいい」           → 返答なし         

「選挙に出ると、ケイサツに捕まるよ」    →「夏休みの宿題の件以外では、君に賛成なので…」  

「選挙に出られると、こっちが迷惑だ」    →「おめでとう!」

「オレに相談してから出るのが筋だろうが!」 →「良かったな」

「(卑しい)政治家になるなんて信じられない」→「純粋な心を持ち続けて頑張って、応援してます」

「選挙は甘くないんデスよ」         →「1票いれさせて頂きました!」

 

人生経験豊富な大人たちがこうなのだ。

 

選挙前と選挙後で同じ人間に対して、なぜこのように言うことがガラリと変わってしまうのだろうか。

この人たちは、もし僕が選挙に落ちていたらどう言っていただろうか。

きっと「そら言わんこっちゃない」と言うだろう。

 

選挙を通して分かったことは、人間とは目に見えるもので判断することが多いということ。

 

人はお金、肩書き、組織、容姿、資格、学歴、権力など目に見えるもので判断されがちだ。

選挙で言えば、勝敗予想は組織や随行員・随行者の数などで立てられる。

北陸政界の記事などは、通常これらの要素で選挙結果を予想する。

 

しかし、目に見えない要素、例えば、候補者の情熱が選挙結果を大きく変えることもある。2019年大野市議選でもそれは証明された。

フタをあけてみたら、泡沫と予想された候補が当選し、確実に勝つと思われた候補が負けた。

 

そして選挙は勝たなきゃ意味がない、と人は言うが、本当にそうだろうか。負けたら努力は無駄になるのか。

そうではない。社会を変えるために訴えたいことを訴えた実績は残る。

 

目に見える要素にとらわれず、選挙に勝とうが負けようが、世の中を変えていくために努力を続ける人が真の政治家だと思う。社会を良くしていくのはこういう人だろう。