【県議選】市長選から分かる自民票と非自民票

大野市の世代別投票率

  2018.6 2019.2
世代 市長選 市議選
18才 40% 54%
19才 30% 30%
20代 35% 32%
30代 51% 49%
40代 61% 61%
50代 72% 70%
60代 76% 76%
70代 74% 75%
80代以上 48% 47%
投票率 61.4% 60.8%
投票人数 17505 17250

大野市選管HPより

上のデータから大野市では、選挙へ行く人というのは決まっているようだ。

投票率も投票人数も、現在18歳以外はだいたい同じだ。

2月の議会選挙は高三がほぼ18歳になっているので、高かったのだろう。

 

さて、県議選もおそらく同じような投票率になっているはずだ。

素人予想は当たらないといわれるが、それでも面白いので自分も敢えて予想してみる。

予想の手がかりとなるのは、2018年6月の市長選。

石山氏(自民+公明)VS高田氏(非自民+共産)の構図だった。

 

結果は、10の位を四捨五入すると

石山氏 10,300

高田氏  7,000

 

この結果から、自民系候補の2人(山岸氏+山崎氏)で11,000票。

非自民と共産票(+上庄票)が、兼井氏に行くと予想する。これが7,000票。

 ぐらいになるのではないか、と考えている。順位は分からない。