【政治家には必須】批判される勇気

県知事選、県議選のビラやチラシに我が家にもやってくる。

読み比べてみても面白くない。それは、内容が似通っているからだ。

どの候補もいいことしか書いてない。子育て支援、経済発展、福祉の充実 等等…

これなら誰がなっても同じだと有権者が思うのは当然だろう。特に若い世代はそうだ。

40代以上は義理で投票に行くが、若年層は魂を揺さぶられない限り行かない。

大野市の世代別投票率

  2018.6 2019.2
世代 市長選 市議選
18才 40% 54%
19才 30% 30%
20代 35% 32%
30代 51% 49%
40代 61% 61%
50代 72% 70%
60代 76% 76%
70代 74% 75%
80代以上 48% 47%
投票率 61.4% 60.8%
投票人数 17505 17250

 

大野市選管HPより

心から「この候補者に入れたい!」と思える候補がいる有権者は何人いるだろうか。

ほとんどが友達だから、親戚だから、普段お世話になっているから、格好いいから、といった理由で投票しているのではないだろうか。

 

僕が18歳の頃、自分の魂を揺さぶる候補は、多くの既得権益が怒る「郵政民営化」を主張する小泉純一郎氏だった。二月の選挙で僕の言葉はどれだけ18歳の有権者の魂に届いたただろうか。

 

当たり障りのない、議論を巻き起こさない政策を訴えても若年層は見向きもしない。

そして本当にやりたい政策は、選挙の数ヶ月前に突然言い出してもよく伝わらない。

衆院選以外は選挙の時期はだいたい分かっているので、選挙に出るなら、1年前から政策を準備し有権者に訴えていくべきだと思う。

 

「夏休みの宿題廃止」は議論を巻き起こす主張だ。批判する人も多いと思う。

だからこそ、この政策は価値があるのだ。

 

有権者から褒められたい、嫌われたくない、という考えを捨て、自分が心から言いたいことを言う、それが政治家の魅力につながっていくと思う。私は市議である前に、政治家なのだ。批判される勇気を持ちたいと考えている。

 

 

3月一般質問 動画