【小浜市4小学校統合】なぜできたのか?

小浜市の4小学校が統合した。大野市では揉めに揉めたこの学校統廃合問題。

実は大野市が最も参考にできる自治体は小浜市ではないだろうか。

なぜ小浜市で小学校の統廃合が達成できたのか。検証してみたい。

 

まず、大野市と小浜市は多くの点で似ている。

  大野市 小浜市
人口 33249 29338
世帯数 11807 11973
小学生児童数合計 1481 1525
小学校数 10校

統廃合前 12校

統廃合後 9校

中学校生徒数 812 847
中学校数

5校
市街地2校

非市街地3校

2校

市街地2校

非市街地0校

両自治体ともに、程度の違いはあれど少子化、高齢化で悩んでいる。
ゆえに、学校の統廃合が課題となっているのだ。

 

だが、大野市と小浜市でアプローチは違った。

 

大野市
小学校10校→新築2校、中学校5校→新築1校 という大胆な統廃合案を出し、市民が反発。

市民の声に押された市議会は1票差で統廃合案を否決。

発案者の岡田前市長は退任。現職の石山市長が計画を見直し中。

 

小浜市
小浜市東部の4小学校を先行して新築1校とした。目立った反対運動は起きなかった模様。

 

 

この点から、大野市のアプローチは性急すぎたと考えられる。村部へ行けば行くほど、学校と地域のつながりが強いので、丁寧な合意形成が必要なのだ。

 

学校を一気に3校新築する案も税金の無駄遣いと批判を浴びた。統廃合するにしても既存の学校が使えないものか。有終西小学校などはできてから10年ちょっとしか経っていない。

 

となると、岡田前市長がなぜこんなにも性急なプランを提示したのか理解に苦しむ。

小浜市のようにもう少し、スピードを緩めた計画案だったら市民も納得しやすかったのではないだろうか。

ただ、市役所も教育委員会も、立場上「前市長の案は間違いでした」とは言えないだろうが。

 

学校の統廃合問題は、複雑そうでそれほど複雑ではないと思う。

要は、急ぎすぎたことに問題が集約されるのだ。

 

小学校と中学校の生徒数も比較してみる。こちらも大野市と小浜市は結構似通っている。

大野市 小学校   小浜市 小学校   小浜市 小学校
現在10校   統廃合前 12校   現在 9校  
  児童数     児童数     児童数
有終南小(38)    360   今富小(51) 270   新・美郷小 343
下庄小学校(34) 316   小浜小 266   今富小 270
有終東小(40) 274   西津小(38) 194   小浜小 266
有終西小(12) 177   雲浜小(41) 177   西津小 194
上庄小(36) 130   旧遠敷小(52) 174   雲浜小 177
富田小(15) 114   口名田小(50) 98  → 口名田小 98
小山小(31) 45   旧国富小(45) 78   内外海小 74
阪谷小(38) 33   内外海小(28) 74   加斗小 65
乾側小(40) 18   加斗小(41) 65   中名田小 38
和泉小(13) 14   旧松永小(54) 54      
      中名田小(47) 38      
      旧宮川小(57) 37      
               
全児童数 1481   全児童数 1525   全児童数 1525
 

 ( )内の数字は建築経過年数

 

小学校は、一気に2校にしなくても、何校か統廃合していけば良いのではないか。

耐震の問題なら、比較的新しい有終西小(築11年)や富田小(築14年)、和泉小(築11年)はまだ使える。

 
大野市 中学校 現在 5校   小浜市 中学校  現在 2校
開成中学校(45) 280   小浜中学校 356
陽明中学校(47) 358   小浜第二中学校 491
上庄中学校(32) 85      
尚徳中学校(57) 81      
和泉中学校(13) 8      
合計 812   合計 847
 

 小浜の中学校2校は全て市街地に存在する。大野も2校で行けるだろう。

上庄中を開成中に合併(生徒数365人)、尚徳中を陽明中に合併(生徒数439人)すれば、

小浜モデルも可能だ。

 

ただ、大野市の開成中(築45年)、陽明中(築47年)とかなり年季が入っている。

あまり長くは使えないので、新築は避けられないかもしれない。