【福井のマスコミ】もっと問題の核心にせまる質問を

おとといの「タイムリーふくい」では奥越・嶺南地区の新県議が出演していた。

大野市の兼井大県議もパネリストの1人だったので、僕も見てみた。

気付いたのは、司会者が出演者に対して核心を突く質問をしていなかったこと。

言い換えれば、司会者が出演者の県議たちに気を使っていたのだ。

 

例えば、無投票で選ばれた勝山の県議、世襲の小浜の県議に対しては、もっと突っ込んで無投票・世襲の弊害を聞いても良かったのではないだろうか。司会者が政治家に気を使い、当たり障りのないインタビューで番組を進めても、見ている側はちっとも面白くない。

 

東京、大阪、そして海外のメディアは政治家が嫌がる質問を矢継ぎ早に投げかけてくる。そのほうがかえって政治家も真剣にインタビューに答える気にもなろう。逆に政治家が色をなしてマスコミ批判を展開することもよくある。

 

福井のマスコミにはもっと問題の核心にせまる質問をしてほしいと思う。