【令和の日本政治】自公か、維新か、民共か

日本の政治は、

昭和型:自民党、社会党・共産党

平成型:自公、民主社共 

 

だったが、時代が変わり

 

令和型:自公、維新、民主共産

に収れんしていくと思う。

 

令和の時代には、政局の主要メンバーとして維新が加わってほしい。そうでなければ政治の停滞感は続く。

このまま行けば自公は与党であり続け、民主共産は野党であり続けるだろう。その構図を塗り替えるのは維新だと思っている。維新も(自民と同様)いろいろ問題はあるが、自公ができない改革案を提案し続ける存在としてありつづけ、ゆくゆくは大阪のように与党を目指すべきだ。

大阪のように、仮に維新が単独与党になれば、自公は民主共産と連立を組むことは大いに予想できる。

 

さて、福井県の政治に目を向けてみると、福井県の首長は軒並み「自称無所属」自民党員のオンパレードである。無所属で首長になっても、知らない間に自民党員になっているのだ。

国会議員はほぼ全員自民党。そして福井県では民主共産は存在するものの勢力は、自民に比べ極めて弱い。

今回の参院選でも、構図は自民(滝波氏)VS民主共産(山田和夫氏)といった平成型だ

 

政党とは何なのか? 同じ考え方をする者同士が集まる政策集団であるはずなのだが、最初は無所属でも福井県の政治家はこぞって自民党に入ってしまう。誰でも入ってしまう自民党という看板では、その政治家がどういった思想を持っているか、最早わからなくなってしまっている。こんなことで福井県の政治が大きく変わるはずがない。だから、自民党に対峙できる政党が福井県にもほしい。

 

そこで政治を新時代の令和型にするために、維新という勢力を育てるべきだろう。

具体的には与党、または首長を狙う維新系の政治家が福井県にも必要だ。批判だけしている野党は要らない。