【音喜多駿氏の挑戦】都知事選も良し、勝つまで挑戦し続けよう

今日もなかなか面白い主張をする維新の候補について書きたい。東京都選挙区の音喜多駿候補である。

参院選前から都知事選の話をするのは異例だと思うが、どの選挙に出るかは彼の自由だから、どんどん自分が出るべき選挙に出ればよいと思う。そのファイティング・スピリッツが日本を変えていくと私は信じる。

 

しかしながら、このように様々な選挙に出る候補者のことを批判する人が少なからずいる。

音喜多氏の場合は、区長選に負け、参院選に負けたら、都知事選を目指すと言っているが、一体何がいけないのか。むしろこのような人材がいるからこそ、選挙が面白くなるのだ。大野市でも髙田育昌市議が市長選に出て負けたら、市議選に出てはいけなかったのだろうか。全くそんなことはない。

 

他人の出馬に対してあれこれ難癖をつける人は、私の周りにも何人かいた。(典型的なのは、「4年後出ろ」とか)全く意味のない批判だと思ったので、無視して僕は市議選に出馬した。

 

仮に落選していたら、何をしていただろうか。数年他の自治体で高校教師でもして、1度選挙に出た経験を生かして、また市議選に挑戦していただろう。もしかしたら、大野市以外の選挙区から出ていたかもしれない。
何も問題はない。3か月その自治体に住めば市町議会選に出れるのだから。Aという選挙区で落選しても、Bという選挙区で受け入れられるかもしれないし、場合によっては議員のなり手が少なくて当選するかもしれない。要は気の持ちようなので、候補者は堂々と有権者の前で自分の思いを訴えよう。それが最終的には有権者の選択肢の1つとなり、社会に貢献することになると思う。