【不完全なる勇気】れいわ新選組とN国党の「不完全さ」が面白い

今回の参院選の見どころは、れいわ新選組とNHKから国民を守る党(N国党)といった新興政党がどこまで票を集めるか、だと思う。もちろん日本維新の会も大阪以外では新興政党なので、得票を伸ばしてほしい。特に、東京と神奈川選挙区では、なんとか共産党を抑えて当選圏に上がってほしい。

 

この2つの政党の面白いところは、これまでの政治家が言えなかったようなことをズバリと言ってのける点にある。これらの党から出ている候補者は、どうせ負けるからと言ってろくに選挙運動をしなかったり、政見放送で書かれている紙を棒読みしたり、1つの政策しか訴えなかったり、ギャグをかましたりして、非常にユニークな運動を展開している。非常に不完全な政党であり、不完全な候補者である。だが、見ていても面白い。山本太郎氏も立花孝志氏も自分の言いたいことをぶつけているので、話し方に非常にインパクトがあり、それはYoutube動画の再生回数に表れている。

  

蛇足だが、選挙でお世話になった、そして僕を日本維新の会の党員にしてくれた...ところで党を除名になった丸山穂高さんが、N国党に入ったら面白い。立花氏がその可能性を示唆している。