【福井県の政治家】無所属は自民?

市町の議員と首長は、ほとんどが無所属で出馬する。

自民党員である場合は、わざわざ自民党公認・推薦をもらわずに、無所属で選挙に出る人が多い。

自民党員でない場合は、当選したらいつの間にか自民党員になっている。そしてまた無所属で再選を狙う。

 

うーん、不思議だ。自民党員なら、自民公認で堂々と出ればいいのに。

無所属新人も、当選後どうして自民党に入ってしまうのだろう?

本当に入りたくて入っているんだろうか。

自民党の地方政治家の皆さんは、党として一体何を目指しているのだろう?

 

多分それがはっきりしない。だから知事選で杉本VS西川のような内紛が起こる。維新は除名者はでるが、都構想や身を切る改革など目的が以前よりはっきりしてきたため、分裂騒動は起こらなくなった。


自民独走体制の地方では、自民の公認・推薦争いをはじめる。大野市の参議院議員2人は、同じ自民党の国会議員だが、公認に関してすったもんだあったのは、皆さんもご記憶の通りである。

 

それでも野党が弱すぎるので、自民党が選挙で勝つ。

自民党の人材が豊富なのは確かだ。特に、国政では他党の追随を許さないレベルだと思う。

だからこそ地方では、有権者に良き選択肢が必要になってくる。

そのために、自民以外の政党が頑張らないといけない。

大阪や沖縄を見る限り、自民党は思ったより強くない。(おそらくだから公明の力が必要なのだろう。)

福井県でも、野党が弱いだけで、有権者の多くは積極的に自民党を支持してはいないようにも見える。

 

これからの福井県の若い地方政治家は、思想・信条を短期間に有権者に知ってもらうべく、政党の色を付けて選挙に臨んではどうだろうか。当選後は、議会で多数派を形成するために、無所属の議員を仲間にしようと自民党先輩議員が寄ってくる。最初から政党に入っていれば、党籍がアイデンティティーとなり、党籍によって自己を主張することができる。そうすると、有権者から分かりにくい「なんちゃって無所属・実は自民党」が減ると思うのだが。