【社会人の正体】偉そうな人ほど、攻撃されるのが怖い

N国党のマツコ・デラックスや東京MXテレビへの攻撃が激しさを増している。Youtubeの動画を見ても明らかだ。なぜ、マツコやテレビ局への攻撃にこんなに頑張るのか。そんな暇があるなら、党の存在理由であるNHKの批判をしたほうがいいと思うのだが。

と考えていると、僕も東京で働いた経験があるので、何となくわかる気がする。

都会のサラリーマン、特に偉そうにしている奴(つまりエリート)ほど、攻撃されることに弱いことをN国党立花代表は知っているのだ。偉そう指定している奴は、弱い人、おとなしい人、規模の小さい組織には態度がデカく、公の場でも遠慮なく悪口を言ってくる。しかし、弱そうに見える相手が一旦反撃の姿勢を見せると途端におとなしくなり、逃げ隠れダンマリを決め込む。都会に行けば行くほどサラリーマン哲学は基本「長いものには巻かれろ。弱いものはいじめろ。うるさい奴からは隠れろ。」なのだろう。

 

僕も東京の外務省外郭団体フォーリンプレスセンターという税金の無駄遣いとしか思えない組織で2年間働いてしまったが、先輩社員が僕の勤務態度についてあれこれ文句(いいかえれば難癖)言うために、変なメールを上司・幹部にCC付きで送ってきた。メールで公表しなくても、口頭でいえばいいのに、臆病な人は「先輩の権威」を前に出さないと意思疎通ができない。それで、最初は無視していたが、あまりに何度も続けるので怒りのメールを送り返したら、ピタっとおとなしくなった。偉そうにしていた先輩社員、特に主幹程度のランクの人たちは、反撃してくる人には全くもって弱かったのだ。

 

N国党の立花さんは、それを知っている。だから、常に攻撃的姿勢を見せ続けなければいけない。

そしてそれが効果があることも知っている。事実、マツコ・MX局側はダンマリを決め込んでいる。

大声を出す人たち(立花代表&N国党員)を面倒くさいと思っている、言い換えれば怖れているのだ。

若い人たちは、社会に出ても、上司や組織が間違ったことをしたら、勇気を出して声を上げてほしい。

皆さんを攻撃してくる相手は、実はものすごく臆病なのだから。社会人のすべきことは、組織の悪事の隠蔽工作に力を貸すことではないはずだ。

 

あと、N国党のみなさん、皆さんの仕事は既得権益の総本山NHKを批判することであって、野次を飛ばした1人のオジサンやマツコ・MX局を集団で取り囲むことではないはず。維新・松井代表の言うように、反論は得意のYouTubeでやれば良いではないか。多くの国民の期待を背負っているので、優先順位を再確認してもらえると一国民として嬉しい。