三十億円の新築文化会館:あったらいいけど、費用対効果はいかに?

本日の大野市議会 総務文教委員会を傍聴した感想

● 大型ハコモノ建設は、巨額のお金が動くので決断は慎重に。

● 一旦工事を始めると、後に戻ることはできない。

● 普通の市民感覚なら、新築せずに、まず他の施設で代替えができるか検証するだろう。

● 市民からは不満が出るだろうが、文化会館はなくても生きてはいける。

● 急がず「文化会館」作ってくれ!という市民の声を待ってはどうか?それとも何か急がないといけない理由はあるのか?

● 総務文教委員会では、推進派3名VS慎重派3名。こういう時、普段存在価値を疑問視されがちな市議の1票が大きな意味を持つ。

● 言い換えれば、市議の1票が何十億の価値を持つということ。

 

大野市議会議員 ダニエルよしもと ブログ

https://www.goodbye-homework.com