テレビの時代が終わろうとしている

テレビに出ることで、プチセレブ感を感じることはないだろうか。

その証拠に、テレビに頻繁に出演する芸能人たちは途端にアイドル化する。その人たちがまるで一般人よりも高いところにいるかのように私たちは、テレビに出ている人たちを特別な人間として捉える傾向がある。

 

テレビ局は電波を独占・寡占しているので、スポンサーからガッポリお金が入り、テレビ局に勤めるとものすごい給料がもらえる。しかし、そこで作られた番組は、大なり小なり虚構の世界で、真実を映し出しているわけではない。テレビ番組は偏向報道をしたり、事実を歪曲したり、逆に大事な情報を無視したり、多くの問題を指摘されてきた。

 

また、インターネットが出てきて久しい令和の時代になっても、世論を操作する力を持っている。テレビを長時間見ることで、多くの人はテレビの言うことを信じてしまう。その結果、英雄(池上彰さん、小泉進次郎さん、スーパーボランティア尾畑さん等)や、国賊(昔の宗男さん、第1次安倍政権の安倍さん、丸山穂高さん等)を作り上げる。テレビは決して公平な報道をしてこなかった。むしろ意図的に情報を操作してきたのだ。

 

番組も誰を出演させるか、何を言わせるか、全部決めるのはテレビ局側。テレビ番組に出られるよう、多くの企業がしのぎを削ってテレビ局側にお金を渡す。事実、芸能界はこうやって動いている。しかし、そんなことはつゆ知らず、テレビが相手の時は、我々視聴者は必ず受け身側なのだ。

 

しかし、今はインターネットの時代。現在はYouTubeを使うことで、誰でもTV局や放送局を無料で始めることができてしまう。市民はもちろん、政治家は自分の意見を主張するときにYouTubeを率先して使うべきだろう。普段からやっていれば、近所迷惑な選挙カーよりも遥かに効果的な選挙運動の手段になり得ると感じている。逆に、YouTubeをしない政治家は、組織票任せの政治活動を展開していくはずだ。所詮特定の団体以外、一般の有権者に訴えたい公約などないだろうから、YouTubeをする気にもならないだろう。

 

映画館やラジオが衰退したのと同じように、テレビも早晩衰退すると思う。我々はまさに今新しい時代に突入しようとしているのだ。

 

大野市議会議員 ダニエルよしもと ブログ

https://www.goodbye-homework.com