【爆サイが面白い】嫌われても、自分に正直に生きる

嫌われる勇気という本が昔あったが、政治家として時に有権者が気に障るようなことを言わなければいけない。そして、意見を言えば必ず批判されるものである。100%の人に好かれることはありえない。神様でさえ。

 

市議になって楽しいのは、自分の政策をいつでもどこでも発信できること。道端でも、事務所でも。YouTubeがあるだけで、自分の思いを全世界に発信できるのがいい。

 

むしろ自分の政策や意見をインターネット上で公開しない政治家は、批判されるのを恐れているのだ。組織票に頼ってナメラカーに議員ライフを生きようとする。それもありだろうが、やっていて全然面白くない。

 

人が自分の本当の人生を生きたいのであれば、政治家であれ一般市民であれ、批判されることを恐れてはいけない。たとえ今の組織で煙たがられても、日本全国、または世界中に活躍できる場所はたくさんある。N国の応援行ってから、全国の有権者が僕の動画にアクセスしてくれるようになった。僕と丸山さんの動画は最も視聴回数が多い動画となった。日本は広い。YouTubeのおかげで世界中とつながることができる、なんと素晴らしい時代なのか。

 

爆サイはしょせん便所の落書き…と切り捨てるのも勿体ない。悪名は無名に勝る。これからもバクサイでもっと批判されるべく、様々な所で発言していきますので、皆さまのご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。(笑)

 

大野市議会議員 ダニエルよしもと ブログ

https://www.goodbye-homework.com