【加筆と修正】12月14日のブログを補足のため、加筆修正します

12月14日のブログ記事「【市教委の敗因】乾側小耐震対策の案が新聞で報道されてしまったから」について、誤解を招く表現があったと市民の方から指摘を受けたので、加筆修正いたします。

----------------------------

共産党の栄議員によると、僕のチラシを見たある小学生が怒って泣きわめいていたようだが「やだーやだー、2億5000万かけて乾側小を存続してほしい」と駄々をこねられても、市税を使う以上費用対効果を無視するわけにはいかない。

----------------------------

の箇所について、この発言はある市民からの発言で、伝聞で聞いた限りです。栄議員や他の共産党議員がそう言っていたわけではないことを補足してお伝えしておきます。誤解を招く表現についてお詫びし、補足させて頂きます。

 

なお、共産党議員団の皆さまは、この乾側小学校耐震対策に2億5000万かける案に賛成をされました。私とは意見を異にしますが、たとえ市民に不人気な案でも、堂々と自分の意見を表明されたことについては素晴らしいと思います。様々な意見が議会にあるのが普通なので、今後も健全な議論や議会活動を通して、多くの住民の意見を議会で代弁していく所存です。

 

ダニエル益資