【高校入試の形骸化】大野市で高校入試は必要か?

中3になると毎月のように試験があるが、その目的は高校入試。しかし、高校入試ってそんなに大切なもの?大野市の高校(大野高校と明成高校)は既にほぼほぼ定員割れである。学力が大事というけれど、県庁の役人が作ったテストで高得点を取ることが学力とは思えない。そもそも学力とは何なのか、親教師を含めよく考えることをしてこなかった。政治家も市民も教育は教育委員会任せ。そんなに入試のために毎月試験をやって、果たして今の学校で学ぶことを楽しめているのだろうか?県立高校入試は藤島・高志とほぼ同じ問題が大野高校・明成高校でも出される。今の高校入試は現代の教育環境に適合しているのだろうか。非常に疑問を感じる。