【市民の疑問】市長は市民の怒りに気づいていない?大野はそれほどコロナの被害を受けていないのでは?

 日本の行政は台湾・韓国に比べ感染症対策の経験が乏しかった故に、稚拙な対応が目立った所がありました。
それでも欧米諸国に比べると感染者数は少ないです。
今のような緊急事態の時は権力闘争をやっている暇はないので、政治指導者の最終判断を支持するしかありません。もちろんいろんな要望を伝えることは大事ですが。

市長が市民の声をどれだけ理解しているかは私にも分かりません。問題は市長が自分の考えを市民になかなか伝えない所に問題があると思っています。
元々情報発信について熱心な市長ではないのですが、市民が市長の考えに触れる機会がないことが焦燥感をかりたてます。役人文化の1つ「民は由らしむべし,知らしむべからず」ですね。
つまり「なぜ勝山が6万で大野が5000なのか」「なぜ外食産業だけの支援なのか」「なぜハコモノ建設の時に億単位のカネが動いて、今回は2200万しか動かせないのか」という素朴な疑問への説明が全くなされていません。
政治家という責任ある立場につくと、一言一言揚げ足を取る人が出てきます。バクサイ民や「なりすまし男」はその筆頭格!故にSNS等で情報発信を怖れる政治家が日本には非常に多いのです。

 

奥越連合ファンさんの指摘も当たっている部分があります。TVではいつも都会や首都の苦悩ばかりが報道されています。人が多いので感染者数が増えるのは当然です。
田舎は学校や役所は国に倣い対応はするものの、都会程緊張感は高くないというのは間違いないと思います。尤も、私の父も自分も商売をしていますが、売り上げが落ちたのは確かですが。
私の動画Video256でも言いましたが、これを機に多くの人が都会リスクを認識し、地方か田舎に移り住み人口の都市集中を緩和できれば国益につながると考えています。

これを機に、サラリーマンの皆さんが政治に関心を持ち、その中から市議・町議を目指して下さる方が出てきてくれれば、「雨降って地固まる」で災害対応のレベルが向上していくと信じております。