【東京都知事選のふざけた候補】福井県の無投票・多選に比べれば遥かにマシ

東京都知事選が終わった。予想通りの結果であり、特段私は強い関心を払わなかった。バクサイの投稿に、都知事選のふざけた候補を批判する投稿があった。ふざけた候補とは、立花孝志N国党党首やごとうてるき候補のことを指しているのだろうか。確かに政見放送はぶっ飛んでいる。しかしそれでも多くの立候補者がいる東京を私は羨ましく思う。なぜなら、私は福井県の自治体の無投票・多選選挙のほうが、東京の「ふざけた候補」よりも遥かに情けなく、民主政治に対する害毒になっていると思うからだ。

極論を言うと、無投票になるよりは、ごとうてるきさんのような候補が対抗馬で出てくれたほうがよっぽどマシなのだ。ごとうさんが当選するとは思わないが、とりあえず有権者には現職や現職の後継候補に対する批判票を投ずる機会が与えられるから。

付け加えると、学歴詐称したり、カネにモノを言わせて県議・市議を買収したりする候補のほうがよっぽど愚劣だ。しかも当選してるからなおタチが悪い。それと比べれば落選した候補による「ふざけた政見放送」なんぞ可愛いもの。ふざけた候補と言っても、自分の力で供託金300万払ってるなら、買収してくる現職国会議員より何百倍も偉い。

 

さしあたっては小浜市長選挙。現職が引退する鯖江や勝山は首長選の対抗馬が出ているが、小浜は現職が強すぎて対立候補が出てこなかった。結果は無投票。立花さんやごとうさんが出馬した東京都知事選のほうが余程民主的で、まともだ。