【有権者からの質問】●福井県の教育の問題とは何ですか?●夏休みの宿題の廃止は有権者が納得しないと思うのですが?

バクサイ「ダニエル益資さんを応援しよう」スレで、である有権者からコメントを頂きましたので、返答しました。
------------------------------------------------------------
#647 2020/08/01 18:13
>>646
福井県は、学力調査の結果を見ても中学校までの成績は上位であり、良い教育環境かと思うのですが、何が問題なのでしょうか?また、高校からガクッとランキング下がるので、高校教育をなんとかしてほしいです。
[匿名さん]
#648 2020/08/01 19:09
>>646
夏休みの宿題を廃止したいとのことですが、有権者から賛同は得られないと思います。このような突飛な発言は、注目を集めるための手段でしょうか?
[匿名さん]
#649 2020/08/02 01:09
>>647 学力調査といっても、試験の高得点=学力と言えるのかどうか、です。大人になれば分かりますが、中学校で習う内容のほとんどは生活に必要のない知識です。むしろ私は今の中学校教育が生徒の学びたい意欲を削いでいる点が一番大きな問題だと思っています。勉強できる子も苦手な子も十把ひとからげに同じクラスで教えて、できる子は才能を伸ばそうにも伸ばせない上に、苦手な子は授業を受けるだけでも苦痛でしょう。今の教育委員会の考え方では、前例踏襲主義、横並び主義が蔓延していて、時代に合った教育がなされていないと感じています。各教科ごとにクラスを能力別に分け、教員も生徒も負担がかからないようにすべきなのです。
高校教育は実業高校よりも普通科が問題で、高校3年間=試験勉強というスタイルになっているのを早急に改革すべきです。福井県の教育は点数を上げることばかり強調して、自分で考えて行動することを全く軽視しています。もっといろんな学びの姿があっていいと思います。18歳で投票できるのですから、もっとスウェーデンのグレタさんのように政治参加について学んでよいのではないでしょうか?今の普通科高校は、バイトはさせない、政治参加は全く無関心・・・これでは若者が将来について自立して考えることはできないでしょう。先生に言われるがまま、親に言われるがままで良しとする幼い高校生を福井県は育ててきたと思っています。私の妻はある県立高校で5年教えてきましたが、米国と日本の高校生の違いをよく分かっています。
従来型の試験重視の学力を、親が望んでいるという側面もあります。しかし、私は塾講師や家庭教師をしていますが、多くの大人が本当の学力は何なのか、あまり考えたことはないと思います。故に、県教委が決めた学力の基準を鵜呑みにしているだけなのでしょう。若い世代の学びたい意欲を引き出すにはどうしたらいいか、もっと教委や議会で議論すべきなのです。社会科の歴史の年号の暗記は必要なのかどうかというところまで、再検討の余地は大いにあります。
[ダニエルよしもと◆YmFkYmQx]
#650 2020/08/02 01:10最新レス
>>648 「突飛な発言」とありますが、私に言わせれば、夏休みに宿題があること自体、大人たちが教育の在り方について学校任せにして、思考停止してきた証左だと思います。夏休みの過ごし方について、なぜ教委や学校に指示されないといけないのか、私は6歳の頃から疑問に思っていました。夏休み中も学びたければ、英検や数検を受けてもいいし、本屋でワークを買ってきてもいい・・・福井県民は大人も子供も役人の「指導」から自立して物事を考える習慣をつけたほうがいいです。
政治家の仕事は大きく分けて2つあると思います。
① 有権者の思いを代弁すること
② 将来の方向性を示すこと
夏休みの宿題廃止は当然②です。そして政治家としての真の魅力は②に出てくると思います。小泉首相の郵政民営化、橋下市長の大阪都構想、安倍首相の憲法改正が良い例です。反対者が多数である時にこそ、政治家のリーダーシップが問われるのです。
もし私が韓国の政治家だったら、日米と協力関係を築きアジアの繁栄と自由民主を守ることを訴えるでしょう。政治生命を失うような不人気な政策であっても言わなければならないのです。あの国で親日だと、むしろ命そのものまで狙われるかもしれませんが。政治家とはそういうものではないでしょうか。
今は有権者から賛同が得られなくても、何千回と街頭演説やチラシで訴えて支持を得ていく地道なプロセスが大事で、議員活動の楽しさはそこにあると思います。
[ダニエルよしもと◆YmFkYmQx]