福井県にインターナショナルスクールを作ってはどうだろうか。

福井県にインターナショナルスクールを作ってはどうだろうか。理由はまず第1に、国際結婚や仕事で外国人が県内に定住するケースが増えてきており、教育は英語で受けさせたいと考える親も多数いると思われるからだ。第2に、海外から帰国したばかりの家族や、日本人の親の中にも子供の英語力をしっかりとつけさせたいと考える人は多く、ニーズは高いと考えられる。第3に、性格や素行に問題はないが、従来型の日本的な教育になじまない児童生徒は案外一定数いるはずで、欧米型のカリキュラムで教育が受けられると才能が伸びるケースもあるだろう。これまでそういった類の学校は都会にしかなく、しかも学費が非常に高額である。しかし、県庁主導で英語教育や国際理解教育に特化した学校を作れたら、県立であるため学費は抑えることができ、福井県の教育に多様性が加わり活気が出るだろう。このような柔軟かつ斬新な教育政策は必ずや福井県の発展に資すると思う。