【メディアと政治家の沈黙】コロナは元々中国のせいなのに。

英国改革党党首のナイジェル・ファラージ氏が中国による数々の行為に対して厳しく非難している。

このような政治家を日本でも増やしていかなければならない。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

英国改革党(Reform UK Party)党首 ナイジェル・ファラージ氏

Newsweek 2020年12月22日

https://www.newsweek.com/christmas-canceled-uk-its-chinas-fault-opinion-1556718

 

Opinion 

オピニオン

 

Christmas is Canceled in the U.K., and it's China's Fault | 

英国でクリスマスがキャンセルになった。そしてこれは、中国のせいだ。

 

 

Things could hardly be any worse. The British government has declared that a new "mutant" strain of coronavirus is spreading rapidly around the country and the world has reacted by making the U.K. a pariah state. Our citizens are banned from traveling almost anywhere and the French government has even closed the Channel Tunnel (though I suspect that is a negotiating tactic for the still unresolved Brexit talks). To top it all, Christmas has now been canceled.

 

これ以上悪くなるところまで行かないぐらいのところまで来た。英国政府は新型コロナウイルスの変異種が英国で猛威を振るっていると宣言し、世界中が英国をのけ者にしてしまった。英国民はどこへも旅行できなくなり、フランス政府に至ってはドーバー海峡を封鎖してしまった。(だが、これはフランス政府が未だ解決していないEU離脱交渉のための交渉戦術ではないかと私は疑っている。)

 

Yet as other parts of the world continue to be hammered by COVID chaos, I have been astonished at how little criticism of China there has been. After all, not only can we be pretty sure that this virus came from a laboratory in Wuhan; we can be certain that the Chinese authorities covered it up while their people continued to fly all over the world. As the saying goes, "China lied, people died." This week I discovered what is behind this eerie silence.

 

世界の他の地域でもコロナ禍でやられているが、私はかねてから中国への批判があまりにも少ないことに驚きを隠せないでいる。武漢の研究所からそのウイルスが拡散したことはほぼ間違いない。しかしそれだけではなく、我々が世界中を飛び回っている間も、中国政府が情報を隠蔽したことも明らかになっている。 「中国が嘘をつき、人々が死んだ」ということわざが飛び交っているが、今週私はなぜこの不気味な沈黙の裏に何があるのか分かってしまった。 

 

As I watched our prime minister, Boris Johnson, address the nation on Saturday evening to let us know that family gatherings are banned on Christmas Day and that everybody should stay at home, I felt a mounting anger. As a result, I tweeted: "Christmas cancelled. Thank you, China." This was an expression of how I felt at the time and I soon discovered that I was far from alone. Social media commentary around this sentiment came thick and fast. More than 45,000 people retweeted my message in support and my digital team tells me it has been seen more than 20 million times on the platform to date.

 

私はボリス・ジョンソン英国首相が土曜日に国民に対して、クリスマスの家族が集うことは禁止するので、皆家にいるようにと発言した。私は心の底から憤りを感じた。私はツイッターで、「クリスマスがキャンセルになった。中国よ、ありがとう」というコメントを投稿した。私がこの時に感じた思いは、多くの人に共有されていたことがすぐに分かった。SNS上でのコメントで素早い反応がたくさん飛び交った。45000人以上の賛同者が私のメッセージをリツイートし、私のデジタル・チームが現在まで2000万回以上見られたと言ってきた。

 

 

This helps to illustrate that there are huge numbers of people who are angry with China over the virus, who are appalled at China's brutal treatment of the Uyghur minority and who would like the West to be less dependent on this awful regime. So why do so few political leaders in the West voice any criticism?

 

これはコロナウイルスに関して膨大な数の人々が中国に対して怒っていることを示している。彼らは中国のウイグル少数民族に対する残虐な仕打ちに戦慄を覚え、この不気味な政権に対して西洋諸国はこれ以上依存すべきでないと思っているのだ。しかし、なぜその思いを代弁してくれる西洋諸国の政治家が少ないのか?

 

The morning after my tweet was sent, Chen Weihua, who is employed by the state-owned China Daily newspaper as its EU bureau chief, made his presence known to me by firing off a couple of tweets condemning me. His tone was aggressive and he even resorted to bad language. In authoritarian terms which no doubt pleased his paymasters, one tweet instructed: "Wear a mask and stop talking s**t." When he responded again, it was to call me a "Trump-like racist." Had any British journalist employed by the state-owned BBC or, indeed, by any reputable media company, done the same thing, they would have been disciplined and possibly fired for this sort of behavior. I'm sure the same would be true in America. Journalists are paid to report facts and generate analysis. They are not supposed to act like menaces, bullies or thugs on behalf of their government.

 

私のツイートが出された日の翌朝、Chen Weihuaという国営新聞社である人民日報EU支局の記者が、私を非難するツイートをいくつかぶつけてきた。彼の語気はアグレッシブで、暴言を吐いているようですらあった。独裁国家ではそのような行為は上役を喜ばせるに決まっている。彼のツイートには「マスクを着けて、ク〇みたいな話をやめろ」と書かれていた。次のツイートでは私をトランプのような人種差別主義者と呼んでいた。国営放送のBBCやその他の名だたる報道機関が同じようなことをしたら、懲罰にかけられるか、もしくはクビになるはずだ。米国でも同じだろう。ジャーナリストは真実を報道し、分析をすることで給料をもらっている。彼らは政府の代理人として凶悪犯やゴロツキのような振る舞いをするべきではない。

 

Soon after, another organ of the Chinese state, the Global Times, posted an article about me under the headline "Farage misleads with same old trick as UK suffers mutant coronavirus." This article gloated about how life has returned to normal in China because of its wonderful government. By contrast, the democratic West has failed completely, it claimed. With every major global economy—other than China's—having been plunged into economic disarray by COVID, this felt pretty rich to me.

 

そしてすぐに、中国の別の機関である環球時報という新聞社が、「英国がコロナウイルスに苦しんでいる中、ファラージは古臭い手法で人々を惑わしている」という記事を書いてきた。この記事は、「中国では人々の生活が現状回復に至ったのは、素晴らしい中国政府のおかげなのだ。それに対し、西洋諸国は完全に失敗した」と自画自賛していた。中国を除けば、グローバル化された経済の中で各国はコロナウイルスによって経済がめちゃくちゃになってしまった。私には強くそう思える。

 

I don't mind being attacked and abused by the Chinese Communist Party, or by anybody else, for that matter. After all, I became well used to this sort of treatment during my 20 years in the European Parliament. But I do get the feeling that many people in public life simply don't want this sort of attention and therefore choose to remain quiet. They look the other way because it is the easy option.

 

中国共産党か何か知らないが、私はこのことに関して誰が攻撃してこようが全然かまわない。大体私は20年もの間ヨーロッパ議会でこのような扱いを受けてきた。しかし、多くの人々はこのような仕打ちを受けることを厭うため、何も言わないのである。そちらのほうが余計な苦労をしなくて済む。

 

Now that I am in the sights of the Chinese Communist Party and its propaganda tools, I have no doubt that further onslaughts on my character may be around the corner. But their hostility towards me is just a small example of the challenge the entire world faces. The regime's territorial ambitions in the South China Sea—and elsewhere—has led to other governments in the region which have tried to stand up to Beijing being lambasted in one form or another. Donald Trump's White House has been hugely supportive of Taiwan and other nations that have suffered this antagonism. Will Joe Biden's White House also stand firm?

 

今になって私は中国共産党に目を付けられ、プロパガンダの道具にされそうなので、次は私の人格攻撃をしてくることだろう。しかし、彼らの私に対する敵意は全世界が直面している1つの小さな事例に過ぎない。南シナ海やその他の地域における中国の領土的野心に対し、各国の政府は立ち向かっていくだろう。様々な形で北京は厳しく批判されていくはずだ。ドナルド・トランプのホワイトハウスは脅威を受けている台湾や他の国々に対して多大な支援を行ってきた。ジョー・バイデンのホワイトハウスはしっかりと立ち向かっていけるだろうか?

 

My fear is that we are now heading towards a situation where no Western government has the courage to resist the Chinese state and expose it for what it is: a system which thinks nothing of crushing dissent and even murdering its own people in order to enforce its rules. We have made ourselves too dependent on China. Indeed, many members of the West's political classes have effectively been bought and paid for. That fact should disturb everybody.

 

私が恐れるのは、西洋諸国の政府が中国に対して立ち向かう気概を失い、現状を追認するようになってしまっているということだ。現状とは、ルールを強制するために反体制派を弾圧し、自国民を殺すことさえ厭わないシステムのことだ。我々は中国に過度に依存するようになってしまった。しかしながら、多くの西洋諸国の政治エリートは巧妙に買収されてしまっている。誰でも腹立たしいと感じるはずだ。

 

This pandemic was and is China's fault and the West should demand reparations for the turmoil it has inflicted upon the world. This is a theme that I intend to pursue throughout 2021. In life, it is often good to be judged by your enemies. I am perfectly happy if the Chinese Communist Party doesn't like me. Frankly, I take it as a compliment. But how many others are prepared to confront China and take the flak?

 

このパンデミックは中国のせいであり、西洋諸国はこの世界中に与えた混乱に対する損害賠償を中国に要求すべきである。これは私が2021年に取り組むテーマでもある。あなたの敵に非難されることは通常良いことである。中国共産党に嫌われたって私は完全にハッピーである。むしろ、嫌われることは名誉なことだ。しかしどれだけの人が中国に対峙し、非難にさらされることに耐えられるだろうか。

 

Nigel Farage is senior editor-at-large of Newsweek's "The Debate" platform.

 

The views expressed in this article are the writer's own.

 

https://www.newsweek.com/christmas-canceled-uk-its-chinas-fault-opinion-1556718