政治家は視野が狭くてはいかん

私は大野市議会議員だが、福井県や国政、及び国際政治のことを語ると決まって必ず「まず大野市のために発言しろよ」とかいうツッコミが入る。その人は人生の大半を大野市で過ごしたのかもしれないが、これは極めて視野狭窄的な考え方だろう。もちろん、私は大野市のことも語る。これまで一般質問で右のような質問をしてきたが、そのほとんどが大野の市政に関することである。しかしよく見てみると、大野の抱えている問題のほとんどが他の自治体でも共有されているものだ。人口減少、経済低迷、政治の停滞、ハコモノ行政、存在感のない議会と操り人形の首長、多選、無投票、財政難、低投票率、政治的無関心、役所の不祥事などなど。数え上げればきりがない。また、大野市の財政のほとんどが県や国からの補助金なので、県政・国政のことを大いに語るのは良いことだと思う。それに、私とて日本国民であり、福井県民なのだ。ある議員が宴会かなんかで私に「大野市議なんやで、大野のことをもっとしっかりやれや」みたいなことを言ってきたが、その本人も他市の市長選に入り浸っていた。問題は大野だけでは完結しない。大野の問題は他市町の問題でもあるのだ。

 

良い例が人口減少「問題」だ。大野市も例外なく人口減少・若者流出に悩む自治体の1つだが、この問題に特効薬がないのは役所も分かっているのだろう。誰が市長になっても毎年500人大野市から人口が減っていく。そのために予算を使って都会から若者を呼び寄せているが、毎年数人呼び寄せても、毎年数百人出ていくのであれば政策の効果というものはかなり怪しいものだ。

 

この人口減少対策で、大野市という狭い自治体の視点しかないのであれば、大野市の人口さえ増えれば良い、という考え方に陥るだろう。仮に勝山市に都会から若者が多く住むようになり、大野市でこれまで同様若者が流出しつづけることになったら、我々はどう感じるだろうか。日本国という視点からモノを考えると、これでも歓迎すべきことになる。都会から田舎に多数の若者が移り住んだ、ということなのだから。しかし、大野市だけが成功すれば良い、という考えに陥ると、隣の勝山だけ人口が増えたことに腹を立てる。これでは地元のエゴ丸出し政治家だろう。

政治家は大きく太く問題を捉えることが大事で、細かい問題は役人に任せておけばよい。政治家は小さなことは無視して大局観を掴めなければいけない、と言ったのは台湾元総統の故・李登輝氏だ。地方議員も地元のために働きつつ、国家の視点からモノを語ることが大事だ。

 

まさか、「私は大野市議だから拉致問題は関係ない」なんて口が裂けても言えないはずだ。

これまでの一般質問

2020年12月

 

(1) 大野市日中友好協会に60万円支出されているが、当協会の運営は市税ではなく、民間の寄付でなされるべきではないか?

(2)英語、数学、音楽、スポーツ等で特に優れた能力を発揮する児童・生徒に対し、どのような対応をしているか?

 

(3)大野市内の道路に落ちている鳥のフンについて、市はどのような対策を取っているのか?

 

2020年9月

(1) 中学校の部活動は、教員の働き方改革の妨げとなっている最大の要因ではないか?

(2) 大野市も、拉致問題の啓発活動にもっと力を入れてはどうか?

(3)  未就学児への英語教育も希望者に提供してみてはどうか?

 

2020年6月

(1) 市役所におけるテレワークと業務のペーパーレス化をどのように推進していくのか?

(2)コロナウイルスが蔓延したことにより、まちなか循環バスよりも、オンデマンド型乗り合いタクシーのほうが費用対効果が良いと証明されたのではないか?

(3)公立小中学校の夏休みは今年13日ということだが、この期間夏休みの宿題は出さないほうが良いのではないか?

 


2020年3月

(1) 費用対効果が悪いまちなか循環バスを廃止してはどうか?

(2) 今後大野市で「偽造投票」を防ぐために


2019年12月

(1) 児童数が16人の乾側小学校に約2億5000万かけて校舎を建設するよりも、近隣校と合併したほうが無用なハコモノ建設を防げるのではないか?

(2)「越前おおの水のがっこう」は建設不要な施設ではないか?

(3)公立学校で「罵声を浴びせる」指導は容認されているのか?


2019年9月

(1)大野市の教育の最終責任者は、市長と教育長のどちらか?

(2)市長の退職金が1820万円というのはいつ決まった額なのか?

 

2019年6月

(1) 石山市長就任1年。市政にどのような新しい風が吹いているか。

(2) 大野市で起きた偽造投票事件について

 

2019年3月

(1) 市役所職員の「働き方改革」に向けた取り組みについて

(2) 小中学校の夏休みのあり方について

 

(3) 和光園が投票所となっていることについて