【選挙】実は勝ち負けではない。自分の思いを語れるかどうかの勝負

「選挙は勝たなきゃ意味がない」

 

一見もっともらしいが、よく考えてみると怪しい論法だ。

勝てそうな選挙でないと出馬してはならないのか?

自分の所属する政党から、負け覚悟で誰かが出るという場合はどうなのか?

自分の思いを世間に伝えるという意味でも、大いに有意義だと思うのだが。

勝つために、あらゆる方向に忖度しまくり、有権者の前で言わねばならないことも言語化できないような政治家では改革はおぼつかない。

 

福井県は無投票の選挙が多い。これは前々から繰り返し主張している「自民党一党体制」の弊害である。

自民党が公認候補を立ててしまったら、それ即ち当選確実になってしまうのだ。こういう環境では民意というものがなかなか選挙に反映されない、というか無投票で選挙すら成立しないということも珍しくはないのだ。

こういうところは都会の政治家には理解できないのかもしれない。